よむくま

読み聞かせで使用した本や候補になった本をまとめるブログ

ハモのクリスマス

ハモのクリスマス (日本傑作絵本シリーズ)

ハモのクリスマス (日本傑作絵本シリーズ)

情報

 たかお ゆうこ 作・絵
 福音館書店
 2008年発行

読み聞かせ時間

 9分

あらすじ

 ハムスターのハモはケンちゃんが大好き。
 でもケンちゃんは夜は寝てしまうので、1人で宝物を探しに行きます。
 ある晩、小さな女の子が泣いているを発見。毎晩2人は大きな星がてっぺんにある大きな木を探しに出かけます。

子どもたちの反応・反省

 とにかくハムスターの絵が可愛くて選んだ。クリスマスシーズンにもピッタリ。
 長いのが懸念点。でもいいお話。可愛い。

3年生

 やっぱり長かったのか数人が少し集中できていなかったように思う。プロジェクターに映したのが原因で
 可愛い絵が少しぼやけていたかも。
20201214 313

まないたにりょうりをあげないこと

情報

 シゲタ サヤカ 作・絵
 講談社
 2009年発行

読み聞かせ時間

 5分30秒

あらすじ

 ここは忙しいレストラン。ある日コックはエビをムシャリと食べるまないたを発見。しかも喋る!
 「ぼく、このレストランの料理が食べてみたいな~」
 食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげますが、
 まな板はだんだん太っていって……

子どもたちの反応・反省

 私が好きなシゲダサヤカさんの絵本。

3年生

 初めてこのクラスでシゲタサヤカさんの絵本を読んだがイマイチ。
 ヨシタケシンスケさんの本は好きそうだったからといって
 シュール系が好きというわけではないのかもしれない。

20201207 313

なんにもせんにん

情報

 唯野 元弘 作
 石川 えりこ 絵
 すずき出版
 2017年発行

読み聞かせ時間

 4分

あらすじ

 仕事もせずに遊んでばかりいる若者は、ある日、壷の中に入った小さな男に出会った。
 家に持って帰りしばらく遊んでやったが、すぐに飽きて外に遊びに出掛けてしまった。
 若者が帰ると、そこには太った男が寝転がっていて…。
 山口県に伝わる昔話

子どもたちの反応・反省

 隣の県山口県の昔話

3年生

 山口県に伝わる昔話だよと伝えてから読んだけど、あまり面白くなかったようだ。
 お話自体は悪くないけど絵にインパクトがなかったか…
 家から手足がはみ出している時に笑いが出るかと思ったんだけど。 

20201207 313

マンマルさん

マンマルさん

マンマルさん

情報

 マックバーネット 文
 ジョングラッセン 絵
 長谷川 義史 訳
 クレヨンハウス
 2019年発行

読み聞かせ時間

 5分

あらすじ

 サンカクさん、シカクさん、マンマルさんの3人は「かくれんぼ」をしてあそぶことに。
 ところがサンカクさんが決めたルールをやぶって、真っ黒な滝の後ろに隠れてしまいます。
 探しにいったマンマルさんが見つけたのは……。 ちょっぴりこわくて、おもしろい

子どもたちの反応・反省

 結局滝の後ろにいたのは誰なのか不明。だからこそ面白い。

3年生

 予想以上に真剣に聞いていて、面白かったらしい。
 誰なのかわからないところがドキドキしたみたい。
 次の週にも感想を教えてくれる子がいた。

20201130 314

ふたごのたこたこウィンナー

情報

 林 木村 作
 西村 敏雄 絵
 ひさかたチャイルド
 2014年発行

読み聞かせ時間

 1分40秒

あらすじ

 お箸にはさまれたくないと双子のたこたこウィンナーとこたこ とこたこ逃げました。
 お箸がどんどんおいかけます。とっとこたっとこ逃げろ逃げろ

子どもたちの反応・反省

 小さい子用のたこたこウィンナー探す絵本。最初の一冊で盛り上げるのに使えそうと思って選んだ。

3年生

 思ったより反応が良く、一緒にウィンナーを探してくれた。
 3年生ぐらいだとたまにはこういう掴み絵本を読むのもありだなと思った。

20201116 314