よむくま

読み聞かせで使用した本や候補になった本をまとめるブログです。

チリンのすず

チリンのすず (フレーベルのえほん 27)

チリンのすず (フレーベルのえほん 27)

情報

 やなせ たかし作・絵
 フレーベル館
 1978年発行

読み聞かせ時間

 6分50秒

あらすじ

 チリンとなる鈴を首につけた子羊のチリン。
 オオカミのウォーに牧場を襲撃され、母親を殺される。
 チリンはウォーに弟子入りして、強いオオカミになりたいというが

子どもたちの反応・反省

 チリンは復讐を果たすけど、そこには虚しさしか残らない切ない話。
 読む学年によって、反応の違いがあった。

1年生

 最初は可愛い子羊の絵に夢中になっていたけど、母親が殺されてから真剣な表情に。
 ウォーに弟子入りしたところで疑問な顔。
 ウォーを殺して葛藤するチリンへの共感は半々。
 読み終えてから、アンパンマンの作者の人だよと言うと、ヘーといった感じ。
 反応5

4年生

 最初にアンパンマンの作者の人が書いた本ですと、ほんわかムードを出して読み聞かせ。
 いい感じに裏切られたようで、最後はおおーといった反応だった。
 年齢層高めの絵本かもしれない。
 反応5