よむくま

読み聞かせで使用した本や候補になった本をまとめるブログ

きょうのごはん

きょうのごはん

きょうのごはん

情報

 加藤休ミ作・絵
 偕成社
 2012年発行

読み聞かせ時間

 1分40秒

あらすじ(Amazon転記)

 ゆうがたになると、どのいえからもいいにおいがしてくるよ。
 こっちのおうちのごはんはなにかな?あっちのおうちのごはんはなにかな?
 それぞれのいえのそれぞれのごはん。 

子どもたちの反応・反省

 いろいろな家の色々なごはんが見られる絵本。実は最後におまんまにあずかれるネコが裏主人公。
 すべてのページにネコがいるのに気づけるか。

4年生

 本当は寝る前に一緒にネコを追いかけながら読みたい絵本。ネコのことは気がついてもらえなかった。
 最後に言及しても良かったけど、時間がおしていたのとまた最初からめくって確認したくなるので断念。
 ただただおいしそうなご飯を眺める時間になってしまった。
 反応3
20191021 413

カボチャのなかにはたねいくつ?

カボチャのなかにたねいくつ?

カボチャのなかにたねいくつ?

情報

 マーガレットマクナマラ
 G.ブライアンカラス絵
 真木文絵訳
 フレーベル館
 2015年発行

読み聞かせ時間

 7分30秒

あらすじ

 おおきさの違う3つのカボチャ。種が一番多いのはどれかな?
 クラスで一番小さなチャーリーの提案でカボチャから全部種をとりだして数えてみることに
 色んな数え方を提案するクラスのみんな。どのカボチャが一番種が多いかな?

子どもたちの反応・反省

 小さいことを気にしているチャーリーを励ますような授業をしてくれるティフィン先生。
 小さくたって中身を見てみなきゃわからないってことが分かるのは良い。
 実はカボチャは外から見て筋が多いモノが種が多いらしい(外から判別ついてるよ)。
 実用的なことも分かるよくできた絵本。

4年生

 カボチャの種の話を興味深く聞いてくれた。裏テーマの小さくたっての部分も伝わってくれているとよいな。
 反応4
20191021 414

ともだちからともだちへ

ともだちからともだちへ

ともだちからともだちへ

情報

 アンソニーフランス作
 ティファニーピーク絵
 木原涼訳
 理論社
 2003年発行

読み聞かせ時間

 9分

あらすじ(Amazon転記)

 クマネズミは、ここのところ、あさおきてもかおをあらわないし、ひげのていれもしません。
 パジャマをきたまんまきがえようともしないのです。「なんにもすることがない」と、ためいきばかり。
 そんなあるひ、なんともうれしいてがみをうけとります。それがきっかけとなってクマネズミは…。

子どもたちの反応・反省

 パジャマをきたまんまきがえようともせず一日過ごすことを「パジャマんま」というところが共感できて笑ってしまった。
 共感からのともだちのすばらしさがジワジワ分かるお話の展開が素晴らしいと思い選んだ。
 久しぶりに良い絵本に出会えた。これだから絵本探しはやめられない

4年生

 長かったせいかあまり楽しそうには聞いていなかった様子。絵も素晴らしく可愛かったのに。
 もっと練習して聞きやすく読めれば良かった。絵本の素晴らしさを伝えられず失敗。反省。
 反応3
20191028 413

ともだちになろうよ

ともだちになろうよ

ともだちになろうよ

  • 作者:中川 ひろたか
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 2004/06/01
  • メディア: 単行本

情報

 中川ひろたか作
 ひろかわさえこ絵
 アリス館
 2004年発行

読み聞かせ時間

 5分

あらすじ

 おかあさんはよく「友達できた?」ってきくけど、色々煩わしい友達なんている?
 ぼくはいらないなと思っていたワニのカイくんに、ウサギのウーが「友達になろうよ」と話しかけてきて… 

子どもたちの反応・反省

 つれないワニに対してグイグイくる女子ウサギ。
 友達になろうよという雰囲気を少し超えているような気がする。
 ウサギはワニに惚れているようにしか見えないような??(個人の感想です)

4年生

 しりとりのところで笑っていた。1年生に読んでも良さそうだけど、
 ほんのり恋心を知る年代に読んでも良い気がした。勘の良い子は違った目で見れるかも
 反応4

20191209 414

日曜日の小さな大ぼうけん

日曜日の小さな大ぼうけん

日曜日の小さな大ぼうけん

  • 作者:愛川 美也
  • 出版社/メーカー: ビーエル出版
  • 発売日: 2016/12/15
  • メディア:

情報

 愛川美也作
 みやざきあけ美絵
 BL出版
 2016年発行

読み聞かせ時間

 10分

あらすじ

 虫嫌いの男の子が一人で留守番しているとソイツは現れた。
 お気に入りのTシャツがぶら下がっている物干しざおに居座るカマキリ。
 なんとか引き離そうと奮闘する男の子。
 でもとびかかられたら怖い。どうしたらよいか試行錯誤するだけでどんどん時間が過ぎていって…

採用しなかった理由

 ちょっと長かったのと、私は好きだけど今年担当のクラスの好みじゃなさそうと判断したため。
 内容は抜群に面白い。男の子の目から見たカマキリの恐ろしさが表現された絵も素晴らしい。
 いつか読んで反応をみてみたい。