よむくま

読み聞かせで使用した本や候補になった本をまとめるブログです。

自分的小学生読み聞かせテッパン絵本

小学生に読み聞かせを初めて今年で7年目。
ひと通り全学年を読んだので、どの学年でも反応が良かった本をまとめました。

パンダ銭湯

みんな大好き『パンダ銭湯』(2分台)。
パンダが銭湯に入るためにドンドン黒い部分を脱ぎ捨てていく発想が素晴らしい絵本。
文字も少なく、ただただ予想を裏切るパンダを見るのが楽しい。

ガストン

取り違いと家族の絆を問う『ガストン』(6分台)。
一匹だけ変わった犬のガストンを愛でる本かと思いきや、いい意味で裏切られる。
学年によって反応が違うのが面白い。

どこいったん

クマが帽子を探す『どこいったん』。関西弁で話が展開する(3分台)。
帽子を探すまでは関西弁に笑い、犯人が分かった後は「えっ?」っとなる。
ちょっと残酷で読み終わった後、少しザワっとする。

あるひこねこね

私が好きなシュール絵本作家の高畠邦生さんの作品『あるひこねこね』(2分台)。
6年生でも反応があった分かりやすい絵本。場を温める最初の一冊として。

いくらなんでもいくらくん

もう1人のシュール絵本作家のシゲタサヤカさんの作品『いくらなんでもいくらくん』(7分台)。
のんびりした「いくらくん」とダメダメなお殿様の掛け合いが面白い。
低学年の場合、裏表紙のしりとりを一緒に楽しむのも良い。



というわけで、今年度も頑張って読み聞かせを続けたいと思います。
(ブログの更新はボチボチになると思いますが)

まねきねこだ!!

まねきねこだ! !

まねきねこだ! !

情報

 高畠邦生 作・絵
 好学社
 2017年発行

読み聞かせ時間

 2分10秒

あらすじ

 空からパラシュートをつけた『まねきねこ』が大量に降下してきた。
 まねきねこは「ドコダドコダ」「……イタゾ」とだるまのそばに。全く邪魔でしょうがない。
 そして夜になるとまねきねこはだるまを抱えて……

子どもたちの反応・反省

 「だるまだ!」の続編なので、「だるまだ!」から続けて読むと良い。

4年生

 ちょっと『まねきねこ』が怖かったかもしれない。「だるまだ!」で笑っていたのに、ちょっと真顔になっていた気がする。
 シュール絵本ここに極まれり。
 反応4

だるまだ!

だるまだ!

だるまだ!

情報

 高畠邦生 作・絵
 好学社
 2015年発行

読み聞かせ時間

 2分

あらすじ

 海を渡って、だるまがたくさんやってきた!
 だるまはざざざと海から上がり、街中、世界中に広がっていきます。
 もうだるまのない生活など考えられません。しかし、空から何かが???

子どもたちの反応・反省

 本書「だるまだ!」と「まねきねこだ!!」はつながっている絵本。
 なので、本書では意味深な終わり方をする。続けて「まねきねこだ!!」を読むのをおススメする。

4年生

 私が好きな高畠邦生さんのシュール絵本。予想以上に子どもたちに大うけだった。
 だるまが様々に活用されている場面に笑い、最後の意味深シーンで???っとなっていた。
 反応5

カッパもやっぱりキュウリでしょ?

カッパも やっぱり キュウリでしょ? (講談社の創作絵本)

カッパも やっぱり キュウリでしょ? (講談社の創作絵本)

情報

 シゲタサヤカ作・絵
 講談社
 2014年発行

読み聞かせ時間

 5分

あらすじ

 キュウリ好きのカッパが、夜中にキュウリ自販機でキュウリを買った帰り道。
 大きなキュウリの輪切りが道端に倒れているのを発見。
 具合の悪そうなキュウリを家まで運び、看病してから食べてしまおうと企むカッパ。
 しかし日に日にキュウリの顔色が悪くなって……

子どもたちの反応・反省

4年生

 思った以上に食いついてきた。途中であれ?パンじゃね?って気づく子もいたけど、「パンなんだ」で大ウケしてた。
 最後のカッパの「ギャー」も笑っていたので、楽しんでもらえたと思う。
 反応5

かみさまはいるいない?

かみさまはいる いない? (谷川俊太郎さんのあかちゃんから絵本)

かみさまはいる いない? (谷川俊太郎さんのあかちゃんから絵本)

情報

 谷川俊太郎
 清川あさみ
 クレヨンハウス
 2012年発行

読み聞かせ時間

 2分

あらすじ

 かみさまはいるのいないの?どこにいるの?
 かみさまは1人という人もいれば、たくさんいるという人もいる
 かみさまがにんげんをつくったのか?それとも にんげんがかみさまをつくったのか?

子どもたちの反応・反省

 時間調整とこういう抽象的な本をよんでもいいんじゃないかと思って選んだ。
 谷川俊太郎の詩を表現する清川あさみさんの刺繍もなんか良いなと思った。

4年生

 抽象的すぎて分からない子が多いかと思ったら、そうでもなかった。
 なんとも言えない刺繍やボタンなどを見ながら集中して聞いていたと思う。
 反応4

へぇこいたのだれだ

へぇこいたのだれだ?

へぇこいたのだれだ?

情報

 平田昌広 作
 野村たかあき 絵
 くもん出版
 2014年発行

読み聞かせ時間

 4分

あらすじ

 三人の鬼の兄弟が仲良く寝ていると、暗やみの中「ぷう~」とおならの音。
 誰が犯人なのか、おまえか?おめぇか?おらじゃねぇ!
 おならの音をめぐるユーモラスミステリー。

子どもたちの反応・反省

 おならだけじゃなく、くしゃみ、ゲップ、さまざまな音がでるので、それっぽくなるように読んだ。
 三人の鬼のキャラを自分で考えて、低い・普通・高いみたいに分けると聞きやすいと思う。
 文章もセリフごとに色分けしてあるので読みやすい。

1年生

 おならやくしゃみの音はやっぱり楽しいらしい。楽しく聞いていた。
 反応5

4年生

 おならの犯人が早く知りたいのに、くしゃみだゲップだ、はては猫だでちょっと間延びしてしまったのかもしれない。
 高学年になるとこういう系のネタは好みが分かれやすいかも。
 オチのおとうさんには納得の様子。
 反応4

それならいいいえありますよ

それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)

それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)

情報

 澤野 秋文 作・絵
 講談社
 2013年発行

読み聞かせ時間

 4分50秒

あらすじ

 グータラでなまけもののぎんたは、野良猫のちゃまるが二本足で立ち、喋っている姿を目撃する。
 実はちゃまるは家探しの名人で、動物やおばけ達に素敵な家を提供していたのだ。
 ぎんたは、綺麗な家をちゃまるに探してもらうように依頼するのだが、なかなかちゃまるから声がかからない。
 腹をたてて、ちゃまるの様子を見に行ったぎんただが……

子どもたちの反応・反省

 絵が可愛く、書き込みもすごい。汚い家は本当に汚く見える。

4年生

 汚い家にえ~。猫が喋ってえ~。最後のオチにえ~。と良い反応だった。
 最後はお化けたちがぎんたの家に押しかけるのではないかとドキドキしながら聞いてくれていた。
 反応4