よむくま

読み聞かせで使用した本や候補になった本をまとめるブログ

十二支のおやこえほん

十二支のおやこえほん

十二支のおやこえほん

情報

 高畠純 作・絵
 教育画劇
 2013年発行

読み聞かせ時間

 4分

あらすじ

 十二支の順番で繰り広げられる親子のショートストーリー。
 ハイ、チーズで騒ぎ出す子ねずみ。
 お父さんの喜びようにパンダを書いたとは言えない子牛。
 朝寝坊しがちな鳥が朝早く起きるために考えた秘策。
 最後はイノシシで締めるほんわかショートストーリー集。

子どもたちの反応・反省

 年始めなので十二支に関連する本を選択。

1年生

 これはダジャレだな?次はこの動物だという声が上がっていた。まま集中して聞いてくれた。
 反応4
 2019012111 4

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん

セッセとヨッコラ ヒョゴーどうくつのたんけん

情報

 高畠邦生作・絵 
 フレーベル館
 2014年発行 

読み聞かせ時間

 4分20秒 

あらすじ

  せっかちで前のめりの犬のセッセ、冷静で面倒くさがり屋の猿のヨッコラ、2人は布団の中で冒険に出かけます。
 ノリノリのセッセとちょっと眠たいヨッコラ。
 ヒョゴーヒョゴーと恐ろしい音がする洞窟を最後まで探検できるのでしょうか?

採用しなかった理由

 他の本を読んだため。
 高畠さんの本だけどハッチャケ感は大分少なめ。
 彼らのもっとハチャメチャな冒険が読みたい。

フワフワ

フワフワ

フワフワ

情報

 おおなり修司作
 高畠邦生絵
 絵本館
 2017年発行

読み聞かせ時間

 2分

あらすじ

 ダチョウのフワフワとした羽がカバの鼻に。
 カバのくしゃみでビックリしたダチョウたちの暴走でライオンのたてがみがカピバラに。
 そーっととろうとしたライオンに牙むくカピバラ
 ライオンのたてがみはどうなった?

子どもたちの反応・反省

1年生

 ただただフワフワ言っているだけの本。高畠邦生さんのシュールな絵が笑いを誘う。反応上々。とっかかりの本として良かった。
 反応5
20181210 115

カレー地獄旅行

カレー地獄旅行

カレー地獄旅行

情報

 ひげラク商店作・絵
 パイインターナショナル
 2017年発行

読み聞かせ時間

 6分

あらすじ

 野菜嫌いのみちひこは妹のカレーの肉を横取りし、野菜をぽいぽい捨てる。
 そんなみちひこは、カレーに飲み込まれ、閻魔様の裁きがくだる。
 様々な地獄を巡るみちひこは無事家族の元に帰れるのか。

子どもたちの反応・反省

1年生

 地獄の本を読みたかったけど、今年の1年生には合わないかもと思いコミカルなものに。ちょっと練習が足りなかったせいか微妙に道徳くさいのがいけないのか反応はイマイチだった。
 反応3

20181210 113

ちいさいいすのはなし

ちいさいいすのはなし (おはなしのほん)

ちいさいいすのはなし (おはなしのほん)

情報

 竹下文子
 鈴木まもる絵 
 ハッピーオウル社
 2006年発行 

読み聞かせ時間

 8分

あらすじ

 ちいさいいすは、おとこのこと仲良しでした。
 いつでもなにをするにも一緒でした。
 でもおとこのこが大きくなって、倉庫行き。
「ちいさいこどもとなかよくしてくれよ」という製作者の願いを胸に、
 ちいさいいすは座ってくれるちいさいこどもを探す旅に出ます。

子どもたちの反応・反省

 トイストーリー3を思い出す内容。

6年生

 つねにいすの一人称で淡々と進む。いい話なのだけど、盛り上がりにかけたかもしれない。
 ちょっと反応を測りかねた。
 反応4

きょうふのおばけにんじん

きょうふの おばけにんじん

きょうふの おばけにんじん

情報

 アーロン・レイノルズ 作
 ピーター・ブラウン 絵
 中川ひろたか 訳 
 学研プラス
 2017年発行 

読み聞かせ時間

 4分

あらすじ

 にんじん大好きのジャスパー。いつでも食べ放題のひみつのにんじんばたけはジャスパーのお気に入り。
 ある日いつものようににんじんを引っこ抜いていると「キャロキャロキャロ」と妙な声。
 なにかが後ろをつけてきているようだが… 

子どもたちの反応・反省

 ちょっと怖そうだけど、にんじんとジャスパーのコミカルな表情が可愛い。
 ちょっとセピアな色の感じが怖さを演出していてバランスが取れている。

1年生

 ハロウィンに合わせて読んだ。ドキドキしながら真剣に聴いていた。
 オチ一歩前の「ひがしずむころにんじんたちは…」のところは一番ドキドキしていた(実際にんじんの目がちょっと怖い)と思う。
 オチのにんじんは実は食べられたくなかったんだというのは、全員が分かっていたわけではなかったっぽい。
 反応5
20181029 115

がっこうだってどきどきしている

がっこうだって どきどきしてる

がっこうだって どきどきしてる

情報

 アダム・レックス 作
 クリスチャン・ロビンソン 絵
 なかがわちひろ 訳
 WAVE出版社
 2017年発行

読み聞かせ時間

 6分20秒

あらすじ

 生まれたばかりの学校、初めてたくさんの子どもたちを迎えてドキドキハラハラ。
 学校嫌いの子どもがいたら辛いし悲しい。子ども達だけじゃなくてボク(学校)もドキドキしているんだよっていうお話

採用しなかった理由

 入学した1年生にピッタリだと思って選んだが、今年のクラスにはちょっと長いと判断して読まなかった。
 もう少し長いお話しを聞けるようになったら読んでみたい。