よむくま

読み聞かせで使用した本や候補になった本をまとめるブログです。

へぇこいたのだれだ

へぇこいたのだれだ?

へぇこいたのだれだ?

情報

 平田昌広 作
 野村たかあき 絵
 くもん出版
 2014年発行

読み聞かせ時間

 4分

あらすじ

 三人の鬼の兄弟が仲良く寝ていると、暗やみの中「ぷう~」とおならの音。
 誰が犯人なのか、おまえか?おめぇか?おらじゃねぇ!
 おならの音をめぐるユーモラスミステリー。

子どもたちの反応・反省

 おならだけじゃなく、くしゃみ、ゲップ、さまざまな音がでるので、それっぽくなるように読んだ。
 三人の鬼のキャラを自分で考えて、低い・普通・高いみたいに分けると聞きやすいと思う。
 文章もセリフごとに色分けしてあるので読みやすい。

1年生

 おならやくしゃみの音はやっぱり楽しいらしい。楽しく聞いていた。
 反応5

4年生

 おならの犯人が早く知りたいのに、くしゃみだゲップだ、はては猫だでちょっと間延びしてしまったのかもしれない。
 高学年になるとこういう系のネタは好みが分かれやすいかも。
 オチのおとうさんには納得の様子。
 反応4