よむくま

読み聞かせで使用した本や候補になった本をまとめるブログです。

さみしがりやのサンタさん

情報

 内田麟太郎
 沢田としき絵
 岩崎書店
 2004年発行

読み聞かせ時間

 5分20秒

あらすじ

 子どもたちにプレゼントを配り終わり帰宅したサンタさん。
 子どもたちの喜ぶ顔を思い浮かべると嬉しいはずなのになぜか涙が。
 そんな時、吹雪の中やってきた大男。温かいお茶をご馳走すると、泣いていたことを悟られる。
 「だれにだってさみしいときはある」 そう言った大男は、愉快な歌とダンスを披露する。
 愉快な気持ちで一緒に踊るサンタさん。
 大男と一晩過ごしたサンタさんは、翌朝靴下に何か入っているのに気づく。

子どもたちの反応・反省

1年生

 楽しそうに聞いてくれた。12月に読むのが良さそう。
 反応4