読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よむくま

読み聞かせでよむ本を探すのにくろうした結果をまとめるブログです。

3匹のかわいいオオカミ

3びきのかわいいオオカミ

3びきのかわいいオオカミ

  • 作者: ユージーントリビザス,ヘレンオクセンバリー,Eugene Trivizas,Helen Oxenbury,こだまともこ
  • 出版社/メーカー: 冨山房
  • 発売日: 1994/05/18
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 2人 クリック: 32回
  • この商品を含むブログ (41件) を見る

情報

 ユージーン・トリビザス 作
 ヘレン・オクセンバリー 絵
 こだま ともこ 訳
 冨山房
 1994年発行

読み聞かせ時間

 11分30秒

あらすじ

 あるところにかわいい3匹のオオカミがいた。
 オオカミ達は親元を離れて、自分たちに家を建てることにした。
 最初に3匹はレンガのお家を建てるのだが、悪いオオブタが近づいてきて……

子どもたちの反応・反省

 3匹の子ブタの逆バージョン。
 しかも家はレンガの家、コンクリートの家、鉄の要塞とランクアップしていくのに、それを上回る力でぶち壊す悪いオオブタ。
 オオブタがどんな風にオオカミ達の家を壊すのかが楽しい。
 最後は道徳的に終わるのだが、子どもたちは納得いかない様子(わかる)

4年生

 今さら3匹の子ブタみたいなのを読まれてもと最初は思っていた様子。
 いい意味で期待を裏切られたようで、いつもより食い気味に聞いていた。
 反応5

1年生

 4年生に読んだ時より有名になっていて、知っている子が結構いた。
 絵に対する文章量も多いので、反応はイマイチだった。読むスピードが早すぎたのかもしれない。
 反応3

いやいやアゴマスク

いやいやアゴマスク (レインボーえほん)

いやいやアゴマスク (レインボーえほん)

情報

 こいでなつこ 作・絵
 岩崎書店
 2007年発行

読み聞かせ時間

 6分

あらすじ

 アゴの下にマスクのような模様のある猫。その名はアゴマスク。
 お母さんに口をゴシゴシ拭かれるのが嫌で、よその子になろうと家出。
 隣の芝生は青いと思ったがそうでもなかったというお話。

子どもたちの反応・反省

 インフルエンザが流行っていてみんながマスク姿なので選んだ。
 対象は幼稚園児ぐらいの本かもしれない。

1年生

 アゴマスクという名前がウケていた。思ったより長いと言われてしまった。
 アゴマスクという名前が面白いだけと思われてしまったかも。難しい。
 反応3

たとえば、せかいがゴロゴロだったら

たとえば、せかいが ゴロゴロだったら (講談社の創作絵本)

たとえば、せかいが ゴロゴロだったら (講談社の創作絵本)

情報

 高畠 邦生 作・絵
 講談社
 2015年発行

読み聞かせ時間

 4分30秒

あらすじ

 みんながゴロゴロしているゴロゴロ島。
 一日中ゴロゴロしたあとで、布団に寝ても疲れは全く取れない。
 そんな島民の悩みを解消する布団、ユックリーノ布団が開発された。
 はたしてどんな布団なのか。

子どもたちの反応・反省

 私が好きな高畠邦生さんのシュール系絵本。
 ゴロゴロ島の住民の生活ぶりが面白いところ。

1年生

 ゴロゴロ島の住民の面白生活に思ったより反応があって良かった。
 プロゴロゴロの下りは正直いらないのではないかと思っていたけど、予想より食いついていた。
 反応4

こけしがこけて

こけしが こけて (たんぽぽえほんシリーズ)

こけしが こけて (たんぽぽえほんシリーズ)

情報

 新井 洋行 作・絵
 鈴木出版
 2016年発行

読み聞かせ時間

 1分20秒

あらすじ

 こけしがこけて、おきあがりこぼしや駒、さるぼぼなどに被害が広がっていく話。
 そしてこけしはまたこける。円環。

子どもたちの反応・反省

 とても短くテンポよく読める。ところどころダジャレ。

1年生

 ダジャレは理解できないだろうなと思ったら、ダジャレだね〜と声が上がっていた。
 さるぼぼの最後っ屁は予想通りウケた。
 反応3

お化けの冬ごもり

お化けの冬ごもり

お化けの冬ごもり

情報

 川端 誠 作・絵
 BL出版
 2003年発行

読み聞かせ時間

 5分10秒

あらすじ

 三つ目大入道やひとつ目小僧達が住む館に冬のお化け「雪女」達がやって来た。
 みんなで雪合戦をしたり、かまくらを作ったり。
 たくさんの雪が降り積もり、春まで冬ごもりするお化け達。

子どもたちの反応・反省

 日が落ちて、雪が青白くなるページに引き込まれる。
 その後、たくさんの雪が降る様子もとても良かった。

1年生

 子どもたちはお化けが好きで、興味津々で聞いていた。
 私が美しいと感じたページで、わーっと声が上がったので、読んで良かったなと思った。
 反応4

こんた、バスでおつかい

こんた、バスでおつかい

こんた、バスでおつかい

情報

 田中 友佳子作・絵
 徳間書店
 2009年発行

読み聞かせ時間

 4分10秒

あらすじ

 ある日、おいなりさんをおばあちゃんの家に届けることになったこんた
 お母さんが乗ってはいけないと言っていた青いバスに乗ってしまい、恐ろしい目に。

子どもたちの反応・反省

 こんたが可愛く、色々なお化けが描かれている絵本。
 5つの目のおばあちゃんと5つ目の(バス停の)おばあちゃんの部分が掛かっている。

1年生

 予想以上に好評。子どもはやはりお化けが好き。
 5つ目の掛かっている部分が理解できていなかったような気もする。
 こんたに共感しながら聞いていてくれた。
 反応5

シバ犬のチャイ

シバ犬のチャイ

シバ犬のチャイ

情報

 あおきひろえ
 長谷川義史
 BL出版
 2013年発行

読み聞かせ時間

 2分10秒

あらすじ

 豆しばのチャイが、特上の笑顔でたんたんと日常を語っていく。

子どもたちの反応・反省

 長谷川さんの絵が素晴らしく、チャイが可愛い。

1年生

 表紙を見た段階で可愛い〜と声が上がった。お話は短いがチャイの愛らしさが伝わったようだ。
 反応4